文京区 アルバイト看護師

介護施設って急変時は積極的に蘇生しないって本当?急変時の対応について家族に了解は取ってるの?

最近は、老健のあり方が変わってきているように思うんですよね。
老健というのは、リハビリする事が目的で、体調が安定していて在宅復帰をする為の施設なんです。
だから、急変も少なくて、ステルペンなどは、ほとんどないはずなんですよね。
だけど、ここ最近、特養の入所がなかなか決まらなくて、でも在宅に復帰する事ができないといった利用者の方が沢山いるんです。
本来の老健とは違って、特養待ちの方が待機する施設、といった感じですよね。
だから、いつ急変が起こってもおかしくないような、リスクがかなり高い方がとても増えているんです。

 

通常だったら、老健の適応ではないような、体調が不安定な方もいますね。
それに、高齢者の場合は、病院に搬送したとしても、受け入れて貰えないケースが多いんです。
肺炎だとしても入院させて貰えない場合があるんですよ。
そのような状況から、老健で看取りを行う事もあるんですよね。
本当だったら、老健で看取りは行っていないんです。
でも、家族の希望によって、看取りせざるを得ない状況ですよね。

 

利用者の方が入所する時には、急変や看取りなどのリスクの説明はきちんと行っていますよ。
心停止して病院に搬送した際に、生命維持装置を希望するかどうかの確認もしてますね。
家族の意思がはっきりしている事で、スムーズに対応する事ができるんですよ。
急な心停止や呼吸停止が起きた時には、酸素吸入を行って、心臓マッサージを必ずしていますよ。
積極的な蘇生を行わないのは、家族の希望があって、看取り介護で最期を看取る時だけです。
看護師は施設によって、方針に違いがあるのかもしれませんが、急変は看取りではありませんから、急変が起きた時には、積極的な蘇生は行っていますよ。

学校検診の仕事について教えて!事前にどんな事を勉強しておけば良いかな?

検診には、検診車で各学校を回る仕事があります。
小学校から高校生が対象で、採血や貧血検査、心電図検査をしていますね。
貧血検査や心電図検査は、事前にちゃんと研修をしてくれます。
だから、心配する事はないと思いますよ。
貧血検査は、普通の採血と違うんですよね。
耳たぶから採血するので、ちょっと特殊なんです。
耳たぶに傷をつけて、細いガラス管がついたチューブで吸い上げるんですけど、慣れるまでは少し大変かもしれませんね。
だからこそ、しっかりと練習する事ができるし、慣れてしまうと、普通の採血よりも簡単に思えますよ。

 

それに、心電図検査といっても、心電図を読む必要はないので、難しい事はありません。
検査は、流れ作業のように行われるので、筋電図にならないように、子供をリラックスさせています。
特に、小学校の低学年の子供たちは、白衣を着ている人を見ただけで、緊張してしまう事が多いので、
リラックスさせるのはちょっと大変なんですよね。
逆に、高校生ともなると、緊張する事は全くないんですけど、笑い出す子供が多いんですよね。
これもまた困ってしまうんです。

 

看護師単発バイトの大人の検診と違って、採血する時には緊張する時がありますね。
神経を傷つけないようにする必要があるので、気を使います。
学校検診の仕事は、大人の検診のようにスムーズには行かないんですよ。
小さな子供でも、中学、高校生の子供でも、リラックスさせながら検査を行う必要があるし、検査をスムーズに進める為に、
誘導もしなくてはいけないんです。
正直言って、子供はなかなかこちらの思い通りに動いてくれないんですよね。
だから、イライラしてしまう事も少なくないと思いますよ。
子供が好きな方でないと、ストレスが溜まるかもしれないですね。