文京区 アルバイト看護師

小児科での点滴や採血は大変?コツはありますか?

看護師にとって、小児科はとても人気がある職場です。
女性のほとんどが子供が好きな方が多い、という事が、その理由だと思います。
でも、大学病院などの小児科の場合、重症度が高い患者さんがほとんどで、楽しいとか癒されるとか言っていられない、
辛くてシビアな現状が沢山あります。
そのような職場に比べると、小児科クリニックの場合は、重症な患者さんはいませんから、
シビアなシーンというのはほとんどありません。

 

小児科というのは、傍から見ている以上に忙しい職場です。
大人の患者さんとは違い、診察一つにもかなり時間がかかります。
大人であれば、大人しく診察や治療に応じてくれます。
しかし、子供の場合、じっとしている事ができませんし、泣いたり暴れたり、逃げたりする子供もいます。
その都度、子供をリラックスさせて、あやしながら診察をする必要がありますかたら、看護師は大変です。
小児科がいつも混み合っているのも、理解できると思います。

 

小児科で大変なのは、採血や点滴です。
子供に限った事ではありませんが、ハリを刺されたくないので、力一杯に抵抗するんです。
だから、子供を抑えなければいけないんです。
熱が高い時など、血管が収縮してしまうので、ほとんど見えない事があるんです。
特に、生後間もない赤ちゃんなど。血管が目に見えないんです。
でも、どんな状態であろうと、採血や献血を行わなくてはいけません。
こればかりは、コツというよりも感覚だと思います。
慣れる事で、触っただけで血液の場所がわかって、血液の流れもわかるようになるものです。

 

子供が泣き叫ぶのを見たり押さえつけるのは、いい気分はしませんが、元気になった時の笑顔を見ると、
大変さも吹き飛んでしまいます。