文京区 アルバイト看護師

訪問看護の電話当番は不公平感が強い!独身の私は週に2回も3回も電話当番を任されて、夜間に何度も呼ばれて寝不足でも翌日はいつも通りに出勤です・・・。

私は、ずっと病院で働いていたんですけど、病棟の仕事というのは毎日の業務に追われて、
なかなか患者さんと関わりを持つ時間が取れませんよね。
そんな状況に不満を感じて、一人一人の患者さんとゆっくり関わる事ができる、訪問看護の仕事に転職したんです。
それに、訪問看護の仕事は、病院の業務に比べると楽そうに見えたんですよね。
でも、実際には全然楽ではありませんよ。

 

訪問看護というのは、夜勤はないんですけど、24時間のフォロー体制を取っているんですよね。
だから、夜間は電話で対応しているんです。
そして、この電話対応の為に回ってくる電話当番が、すっごく大変なんです。><
これは、訪問看護をしている方が、皆さん口を揃えて言っている事なんですよね。
訪問看護をしているのは高齢者も多く、夜間に救急搬送される事もあります。
だから、患者さんにとっても家族にとっても、電話で連絡が取れるというのは、すごく有難い事ですよね。
でも、その電話当番を受けている看護師は大変です。
電話当番の翌日が休みだったら、まだ納得ができるんですけど、当番の翌日は普通に仕事なんですよね。
それに、全てのスタッフが電話当番ができるわけではないので、
独身の私には週に2、3回もの電話当番が回ってくるんです。(=Q=F
ママさんナースとか、なかなか電話当番を受けられない事はわかるんですけど、なんだか不公平な気がするんですよね。
一晩中、電話当番の為に寝る事もできなくてずっと待機していて、時には夜間に自宅に訪問したり救急搬送する事もあって、
そんな日が週に何回もあったら、万年寝不足になってしまいます。
自分もママさんナースだったら、電話当番を受ける事はできないと思いますよ、でも、もう少し公平なシフトになるように、
改善して貰いたいですよね。