文京区 アルバイト看護師

遺伝が原因の疾患・・・。遺伝子治療についてどう思いますか?

医療というのは日々進歩していますが、中でも遺伝子医学については、特に目覚ましいと思います。
少し前までは、治療が難しいとされていた病気も、遺伝子医学が進歩した事で、遺伝子が関係している事がわかり、
病気にかかる可能性を事前に調べて、発症する前に切除するという治療が出来るようになりました。
例えば癌など、ニュースにも取り上げられましたから、記憶に残っている方は沢山いると思います。
遺伝子が関与している疾患は、生活習慣病やアルツハイマー型認知症など、治療するのが難しいものが沢山あります。
特に癌などは、症状が現れて気づいた時には、かなり進行が進んでいて手遅れになってしまう、
というケースが沢山あります。
まだまだ若いのに、癌を発症して末期宣告をされたら、本人も家族も、その悲しみは口では言い表す事ができません。
ですから、事前に疾患を予防できるようになった事は、とても素晴らしいと思います。

 

ただ、遺伝子治療について、怖いというイメージがあるのは確かです。
遺伝子を操作して治療をするというと、副作用とかいろいろな事を考えてしまいませんか?
遺伝子組み替えの食物など、遺伝子操作と言う言葉自体に、あまり良いイメージがありません。
いくら副作用がないと言われたとしても、必ずしも安全だとは言いきる事ができませんから、
それを身体の中に取り入れるのは、とても不安です。
それに、副作用というのはいつ現れれるかわかりませんから、人間の身体にリスクはないのか、考えてしまいます。

 

遺伝子検査をして、癌を発症するリスクが高いという事がわかっても、その部分を切除してそれで解決するとは思わないんです。
安全性についてはまだまだ疑問点が沢山あるんだと思います。
安心して遺伝子治療が受けられるようになるのは、まだ先のような気がします。